HOME > 各種申請手続き > 在留資格更新

在留資格更新手続きとは

在留資格更新手続きとは外国人が、在留期間を超えて現在与えられている在留資格と同一の
活動を行うため日本に在留する場合に必要な手続きです。

通常、「技術」や「人文知識・国際業務」等で入国した外国人の在留期間は「1年」または「3年」と
なっています。
したがって、引き続き就労することを希望して在留期間を延長した場合、在留期間満了の日までに、
本人または代理人が地方入国管理局、支局、出張所等に出頭して「在留期間更新許可申請」の
手続きをする必要があります。

この手続きを怠って在留期間を経過した場合には、不法残留として「退去強制」の対象となる他、
刑事罰の対象となり「3年以下の懲役もしくは禁錮または300万円以上の罰金」が課せられますので、
就労している外国人の在留期間満了日は会社側でもチェックして、本人に申請を怠ることがないように
注意する必要があります。

 

法人

 現在与えられている在留資格と同一の活動を外国人が行うため在留期間を超えて日本に在留する
場合に必要な手続きです。

通常、「技術」や「人文知識・国際業務」等で入国した外国人の在留期間は「3年」または「1年」となっています。
したがって、この在留期間を延長して日本で引き続き就労することを希望する場合には、
在留期間満了の日までに「在留期間更新許可申請」の手続きをする必要があり、本人または代理人が
地方入国管理局、支局、出張所等に出頭して行わなければなりません。

在留期間を経過した場合、不法残留として「退去強制」の対象となる他、
刑事罰の対象となり「3年以下の懲役もしくは禁錮または300万円以上の罰金」が課せられます。
就労している外国人の在留期間満了日は会社側でもチェックし、注意する必要があります。

よくあるビザ更新手続きのご依頼例

1. 就労ビザの方が転職して最初のビザ更新を行うケース
2. 企業の人事部の方から外国人従業員のビザ更新をご依頼いただくケース
3. ご自分で入国管理局へ行く都合がつかず代理申請をご依頼頂くケース

 

在留資格更新許可申請のフロー/目安となる期間

1. 無料相談在留資格更新許可申請を行うにあたり問題点がないか確認し、
ある場合には対応策についてご提案させていただきます。
2. 業務のご依頼私たちがご提案する解決方法、
業務方法にご納得いただければ、ご依頼ください。
3. 申請代行お客様と打ち合わせの上、ビザ取得に最適な申請書類を作成します。
4. 進捗状況確認在留資格更新許可申請の場合、審査期間は通常2週間から1ヶ月程度
かかります。申請してから許可が出るまで通常よりも時間がかかるものについては、
入国管理局で審査状況を確認し、お客様に定期的にご報告しています。
また、申請期間中にお客様の生活状況が変化した場合(転職、引越しなど)には、
追加書類の提出も無料で行います。
 5. 許可申請結果の通知。私どもが入管でビザ取得の証印手続きを行いますので、
お客様は入管に行く必要はございません。


各種申請手続き