HOME > 各種申請手続き > ビザ不許可

ビザ不許可

“入国管理局から“不交付通知書”が届いてしまった“

こんな時はどのような対応をとるかで今後が変わってきます。

通常、ビザ申請が不許可となった場合には、不許可である旨を記載した通知書が送られてきます。

しかし、そこにある記載は「提出資料に疑義が認められ、申請内容に信ぴょう性があるとは認められません。」
といったように曖昧な内容であり、明確な理由はわかりません。

これを確認するためには申請した入国管理局に行き、審査官との面談を申し込み、詳細な説明を受けなければ
なりません。この手順を踏まないと、何が原因で不許可となったのかがわからないため、再度、ビザ申請する際の
対策を立てることができないのです。そのため、審査官との面談は非常に重要であり、ビザの再申請における
キーポイントとなることは間違いありません。

ビザ申請を行政書士などに依頼した場合を除き、この面談は申請したご本人しか行うことができません。
その結果、面談時にポイントとなる聞き取りがうまくできず、うやむやなまま面談が終了してしまうケースが
多くあります。これでは再申請をするにしても運任せで申請することになり、実質的な許可の取得は望めません。

さらに、原則として入国管理局はこの面談を1人につき1回しか行わないため、後日改めて質問するようなことは
できません。

このような状況に対応し再申請で確実にビザを取得するためにも、経験豊富な行政書士が不許可時の対応などを指導するサポートサービスを提供しています。

ご自身でビザ申請を行い不許可や不交付の通知を受けた方は、入国管理局へ行く前に1度ご相談ください。

ビザ申請不許可、不交付サポートサービスのご依頼例

自分でビザ申請手続きを行ったが不交付・不許可の通知がきてしまった
自分で永住申請したら不許可になったので、もう一度申請したい

この他のケースの不許可案件についても無料相談を承っております。


各種申請手続き