HOME > 就労ビザの種類 > 企業内転勤ビザ

企業内転勤ビザ

企業内転勤とは、外国企業の海外にある本店から日本の支店、事業所等へ転勤する場合、外国人社員が
海外子会社などから日本の本店へ転勤する場合に在留資格が必要です。

一般的に転勤とは、社内の移動をさしますが、系列の親会社、子会社、関連会社への出向等も含まれます。

ただし、この在留資格で転勤できるのは、外国にある本店、支店その他の事業所で申請に係る転勤の直前まで
1年以上継続して勤務し、職務内容も在留資格「人文知識国際業務」または「技術」の活動に該当する社員に
限られています。

したがって、人事異動とはいえ単純労働に従事する社員には該当しないという点には注意が必要です。
これから日本でビジネスを始めようとお考えの外資系企業様のご相談にも適切なアドバイスを行うことが
可能です。


よくある企業内転勤ビザ申請のご依頼例

海外本社から日本支社へ社員を転勤させたい。
海外本社から日本の営業所へ社員を転勤させたい。
子会社または支店を日本に設置し、社員を転勤させたい。


就労ビザの種類