HOME > 就労ビザの種類 > 技能ビザ

技能ビザとは


技能ビザとは、調理師、外国特有建築の大工、航空機パイロット、宝石や毛皮の加工技師、
スポーツトレーナー、ソムリエなど特殊な分野の熟練した技能を必要とする業務につく人のためのビザです。
このように「技能ビザ」で来日する方は受け入れ企業にとってみれば、来日できるかどうかで事業計画や
売り上げに大きな影響を与えることがあります。

また、私どもにご依頼いただくよくあるケースとして人事担当者の方から、特殊技能であるがゆえに
受け入れ企業でも申請件数が少なく、社内でビザ申請のノウハウが蓄積されなく困っているというものがあります。
 
特に外国人調理師を海外から招へいする場合、調理師の免許や在職証明書を偽造し不法入国を行うケースが
多いため在留資格認定証明書交付申請の技能ビザ取得については、入国管理局でも入念に審査され、
通常よりも結果が出るまでに時間がかかることがあります。

また、在留資格認定証明書が交付されたとしても、ビザ発給の際には不法就労防止の対策として、
現地の日本大使館で面接が行われていますので、結局来日できないというケースも大変多くみられます。

採用ご担当者様で技能ビザ取得による人材受け入れをお考えの方は候補者の履歴書や職務経歴書がそろった
段階で専門家に相談されることをおすすめします。

 

よくある技能ビザ申請のご依頼例

調理師を海外から呼びたい
ビザ更新で必要書類が調理師の転職後がそろわないので困っている
スポーツトレーナー海外からを呼びたい
外国特有の機械のメンテナンスのため技術者を呼びたい
貨物輸送航空機のパイロットを呼びたい
ソムリエ海外からを呼びたい


就労ビザの種類